湯河原 熱海 真鶴の別荘|オオクスライフアシスト

Villa Bianca

  • 真鶴
  • 戸建
  • 17,500万円

Villa Bianca

  • 真鶴
  • 戸建
  • 17,500万円

SWEAT THE ASSETS
真鶴の自然資源を背景に「Villa Bianca」を活かす

神奈川県の自然保護区に指定される真鶴半島、原生林の森は地域の宝として愛されている。ここで紹介するユニット「villa Bianca」は原生林(巨木の森)に向かう半島の尾根を周遊する公園道沿いにある。尾根に位置することでパノラミックな視界が得られ様々な表情の景色が一度に眺められることが特徴といえる。さらに、5層構造の建物は眺望の良さをさらに広げている。現在では自然との共生を目指した同町の条例により同規模の建物が建築できないことを考えると既存建物の優位性は大きな魅力だろう。また、ユニットのフロアー構成にも注目したい、フロアーごとに表情のことなるレイアウトはアセット活用のバリエーションが広がりさまざまなニーズに応えられる。ロードサイドに位置するレストランを軸とすればオペレーションの効率化も図れそうだ。また、敷地の広さにも注目したい、1488㎡(約450坪)のスケールは半島内でもビッグサイズ、ユニットの活用に不可欠なパーキングスペースも十分確保されていることは評価したい。同ユニットはロケーション・眺望・建物、真鶴半島のランドマーク的な存在といえるだろう。「原生林の森」「美しい海」という大きな自然資源を背景に「Villa Bianca」を活用してはいかがだろう。





music select | Shakira – Waka Waka  03:30

 

巨木の森はこのエリアの宝
半島をめぐる道を歩くと、そのしっとりとした雰囲気に格別の美しさを覚える

神奈川県の自然保護区に指定された真鶴半島。半島内を覆う巨木の森はこのエリアの宝だ。半島の大半は岩盤で形成され、青い海に浮かぶ岩が波に削られて不思議な形を作りだした三ツ石などジオパークが点在する。半島をめぐる道を歩くと、そのしっとりとした雰囲気に格別の美しさを覚える。大樹の枝の隙間からは陽光にきらめく海。森と海が隣接する環境のおかげで魚が集まり県内有数の漁場としても知られる。真鶴港には毎朝新鮮な海の恵みが揚がり、畑からは太陽の光をいっぱいに浴びた野菜や果物が採れる。「自然との共生」はこの町の誇りといえるだろう。




飽きのこない海
真鶴の海には色々な表情がある

真鶴の海は少し沖に出るだけで水深は数百メートルに達しノドグロなど深場の魚が沿岸近くで良く釣れる、磯ではイシダイやハタもあがり美味な魚が手軽に手に入る。また、スキューバダイビングのフィールドでもあり透明度の高い美しい海がダイバーを魅了している。小さいながらマリーナもある、プレージャーボートやヨット遊びを目的に真鶴に居を構える人も少なくない。合わせて、町内には穏やかな岩海岸とサーフィンのメジャーポイントである隣町「湯河原」の吉浜海岸があり関東と伊豆のサーファーたちがこのビーチに集う。このバリエーションの多い海が身近にあるロケーションはこの町海の魅力といえる。







Floor Plan
さまざまなニーズに応えられるファシリティとデザイン性の高さが素晴らしい

JR「真鶴駅」を背に右手に相模湾と伊豆の入江を感じながら軽快にワインディングロードを走ると、コーナーの先に真っ白いスタイリッシュな建物が視界に飛び込んでくる。このユニットのフロアーは5層の構成で、さまざまなニーズに応えられるファシリティとデザイン性の高さが素晴らしい。


 

 

 



 




 

 

居心地の良いガーデンテラス | 1st Floor
爽やかな風を感じながらゆったりと寛ぐことができるテラス席

本件ユニットの中で1階には唯一北側に入口がある。半島の先端に向かう幹線道路から脇道に入り坂を少し下ったところに20台ほど停められるパーキングがあり、そこから数段の階段を上れば木々の枝葉がそよぐガーデンテラスが広がっている。爽やかな風を感じながらゆったりと寛ぐことができるテラス席。ガーデンウェディングや野外コンサートなど青空の下で多くの人が集うパーティーに最適な雰囲気だ、ウッドデッキにはタープの張られたキッチンもありゲストに軽食やドリンク類をふるまうこともできる。ペットとともにティータイムを楽しむのも素敵だろう。本格的な調理には室内の厨房があり天候によってガーデンテラスと屋内のテーブル席を選択できるのもありがたい。












フリースペース | 2nd Floor
オフィスやレンタルスペースなど様々な

2階には約63㎡のフリースペースがある。エントランスはガラス張りで開放感に溢れている。天井が高く広い窓から差し込む光で明るいフリースペースはオフィスやレンタルスペースなど様々な使用法が考えられるだろう。










 

海を望むトラットリア | 3rd Floor
眼下に真鶴港、相模湾の向こうには三浦半島・房総半島

青空に映える真っ白なファサードは地中海の街にに来たかのような印象を受ける。明るい店内には本格イタリアンを創作していた広い厨房のほかにテラス側にドリンクを供するカウンターも備えられ室内に30-40名、テラスに20-30名のゲストを迎えることが可能だ。海側は全面ガラス張りで、眼下に真鶴港、相模湾の向こうには三浦半島・房総半島まで望むことができる。地中海を望むイタリア半島のトラットリアのような雰囲気が漂う場所といえる。









 

 











Free Space | 4th Floor
片隅に設えられたキッチンもうまく使い、イベントやパーティー会場などとして活用もできる

4階はギャラリーとエキビジションセールのスペースとして利用されいたフロアーとなる。ある程度の調理もできるキッチンも装備されイベントやパーティー会場などとして活用もできる。

 








 

半島を眼下にするプライベート空間 | 5th Floor
スタッフルームとオフィスとして

5階はスタッフルームとオフィスとして使われていた居室の間取り構成となる。ルーフテラスも用意され真鶴を眼下に眺める気持ち良いフロアーとなる。






 





 

360°の視界 | Roof Floor
ジオラマティックな光景が周囲に展開している

屋上からのパノラミックなオープンエアの眺めは実に爽快だ、相模湾を囲むように湘南の海岸線、三浦半島。南には初島が浮かびその向こうには伊豆大島、利島などの伊豆諸島が続く。西側には箱根外輪山の山並みが横たわりジオラマティックな光景が周囲に展開している。










まとめると
フロアーごとの特徴を生かしてそれぞれ活用し

本件ユニットの魅力をまとめるとまずはそのロケーションに良さがあげられる。自然保護区に指定された半島の魅力的な森は多くのツーリストを集める。本件ユニットは森へ向かう途中に位置することから飲食や物販などの店を構える上では好立地といえる。また、半島の尾根にあることで表情の異なる東西の眺めを得られることも特徴といえるだろう。次に挙げられるのは敷地の広さだろう、半島内の周遊道路に面した場所でこれだけの広さの有る敷地はそう多くない。このユニットの使い方は色々と考えられるが飲食に限らずフロアーごとの特徴を生かしてそれぞれ活用し複合的に運用するのがベストに思える。個人的には
1階 / ベーカリー
2階 / レンタルスペース
3階 / レストラン
4階 / オフィス
5階 ・R階 / オーナールーム
のような振り分けを提案したいところだ




| 物件概要

物件名 / Villa Bianca
販売価格 / 17,500万円
物件種別 / 店舗・事務所
所在地 / 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴
交通 / JR東海道線「真鶴駅」約1.3km 
土地面積 /1488.22㎡(約450.18坪) 
建物面積 / 1226.86㎡(約371.12坪)
建物構造 / 鉄筋コンクリート・コンクリートブロック造陸屋6階建 
建築年 / 1971年8月
現況 / 空室
特徴 / 3方道路
眺望 / 相模湾・大島・初島・伊豆半島・湘南コースト・丹沢・箱根外輪山・真鶴半島・真鶴港
取引態様 / 仲介
物件番号 / MK-0168